先生に信頼を、患者さんに満足をお届けする横浜歯研

昭和32年1月 創業
初代社長、小形重夫により横浜市神奈川区にて横浜歯科圧印床研究所として発足。
昭和42年11月 ドラリアム社(米国)と技術、材料の業務提携
昭和46年2月 資本金600万円にて法人設立
『株式会社横浜歯研』に社名変更する。
昭和48年5月 新社屋(ダイヤビル9F)完成と共にポーセレン部門設立
クルップ社(西ドイツ)と技術提携
昭和54年11月 土田康夫、二代目社長に就任
総合ラボラトリーを目指して義歯部門設立
昭和61年5月 純チタン鋳造床の製造を開始
最新技術と高品質の材料を使用した製品は好評を博し営業成績が飛躍的に伸びる。
平成5年2月 資本金を1,000万円に増資
平成5年8月 藤沢に新社屋が完成
平成12年10月 資本金を1,600万円に増資
平成13年5月 本社を藤沢へ移転