先生に信頼を、患者さんに満足をお届けする横浜歯研

ni

積極的で健やかな日々のために
社会的にも重要な役割をもち、人間関係も大きな拡がりをもっている熟年期。この時期に、入れ歯をすることになったら…。心配ご無用。機能的にも外見的にも自然な、よい入れ歯がいろいろ開発されています。

“よい入れ歯”を選ぶ
入れ歯は、本来の歯を失ったあと人工の歯で補い、あなたの顔貌や健康を守る大切な役割を担っています。毎日の生活を健康で楽しく過ごすために、よい入れ歯を歯科の先生に入れてもらいましょう。

入れ歯は土台が大切 <レジン床>と<金属床>
入れ歯の土台部分を“義歯床”といい、人工の歯と歯ぐきを支えるもっとも大切な部分です。義歯床には合成樹脂床と、金属床があります。金属床は強度に優れ、薄く精密ですが、合成樹脂で作るレジン床は、強度の点で薄さに限度があり、機能的に劣ります。

金属床の入れ歯のすぐれた点
●はめ心地がよい
金属床の入れ歯はレジン床に比べて、はるかに薄く作ることができます。異物感が少なく、はめ心地が優れています。
●金属だから丈夫
材料が金属ですから強度、磨耗性に優れているため、丈夫で長持ちします。
●おいしく食べられる
金属床は冷熱感が伝わりやすいうえ、薄いので舌触りや唾液の分泌もそこなわれず、食べ物がおいしく感じられます。
●いやなにおいがしない
レジン床の入れ歯はにおいや汚れがつきます。金属床の入れ歯はにおいや汚れがつきにくく衛生的です。
●しぜんな発音ができる
金属床の入れ歯は口の中が広く使え、舌の回転がよくできるため、より自然に近い状態で発音できます。

入れ歯は慣れることが大切です
よく作られた入れ歯でも、異物を口の中にはめるのですから、はじめは気になるものです。話しにくく、口の中が乾き、ツバが出やすくなります。しかし、そのうち気にならなくなり、やがてあなたのからだの一部となり、機能を充分に発揮してくれるはずです。

入れ歯は大切にしっかり手入れ
●入れ歯はいつも清潔に
入れ歯をはずし、入れ歯専用歯ブラシでていねいにみがいてください。みがき砂でみがいたり、硬いブラシでこすったり、熱湯につけたりしてはいけません。義歯専用の洗浄剤などを使用されても効果があります。
●落とさないように注意
入れ歯を入れたりはずしたりするときも落とさないように注意しましょう。入れ歯は微妙に調整してありますので、落とすと欠けたり、狂いが生じたりして合わなくなります。
●調整は歯科医にまかせて
入れ歯が合わなくなったとか痛いからといって、勝手に曲げたり削ったりせず、必ず歯科医にご相談ください。
●1年に1度は点検を
よい入れ歯は正しくとり扱えば変形したりすることはありませんが、大病したり、歯ぐきがやせたり、粘膜の形が変わったりして合わなくなってきます。1年に1度は定期的に、入れ歯を作られた歯科医のもとで点検してもらいましょう。